ボーイ隊活動報告

 ボーイ隊の活動写真はFacebookでご覧ください。


2017年6月3日(土)サイクリング

今年の年間計画では、9月にサイクリングで移動キャンプをする予定になっています。しかし、いろいろ話を聞いてみると自転車に乗れないスカウトがいるようです。これではサイクリングキャンプが出来ないと考えた班長は、自転車をレンタルして安全なサイクリングロードで訓練しようと言ってくれました。全長23㎞の吹上浜サイクリングロードの一部を使ってさあスタートです。約3㎞先のサイクリングロードの一番端っこで待つこと1時間15分!やっと来ました。予定より1時間遅れです。仕方がない。みんな文句ひとつ言わずに初めて自転車に乗るスカウトを励ましながら日陰でお弁当を食べました。

2.スカウトは友情にあつい

4.スカウトは親切である

5.スカウトは快活である

7.スカウトは勇敢である

おきての実践です。

午後は一般道に出るつもりでしたが、班長は「自信をつけてくれた方が良い」と言って朝きたサイクリングロードをひきかえし、スタート地点を超えて1.5㎞先まで頑張ってくれました。乗れなかったスカウトは何回もこけて痛い思いをいっぱいしたけれど、何とかついていけるスピードになっていました。

秋のサイクリングキャンプが楽しみです。

ありがとう(^_-)-☆


2017年5月14日(日)半径1.5㎞内のハイキング

今月は、上進してきたスカウトの技能訓練をしようということで、読図に取り組みました。班集会で読図について教えよう!と意気込んで班集会を開催・・・・オオカミ班の班長は地形図を忘れて(;´д`)トホホ。シカ班はバッチリ!のようでした。隊集会では、集合場所から半径1.5㎞内のできるだけ多くの公園をまわって地形図上に落として6桁座標で表すことにチャレンジしました。難なくスタートしたシカ班と出だしからつまずいたオオカミ班でしたが、終わってみたらオオカミ班の方が多くの公園を正確に表していました。

優秀班になったオオカミ班はボーリングの点数30点をもらって今度はボーリングにチャレンジです。2ゲームが終わった結果は、178対294で30点をもらっていたオオカミ班の勝利にはなりませんでした。(;´д`)トホホ

班長、頑張れ🏁

 


2017年4月15日(土)~16日(日)歓迎キャンプ&ちかいの式

カブ隊から上進したスカウトの歓迎を兼ねてキャンプをしました。初日の夜には、保護者・団委員・他隊指導者の参加をお願いして「上進式」を行いました。暗闇の中に浮かぶロウソクの火を見ながら、6人の新米スカウトは、堂々と「ちかい」をたててくれました。自分自身としたやくそくを強い気持ちで守って立派なSCOUTに成長してくれることを楽しみにしています。

上進式の後は歓迎の闇鍋です。巾着の中には「食べられるものなら何でも」入っています。ニンニク・チョコレートetc美味しいかったね!

日が変わって・・・・・夜中は恒例の大雨です。雷も光って怒っています。

班長は・・・朝、目覚めたらテントの中は水浸しだったようです。朝食の準備にテントから出たものの、雨の中、途方に暮れて立ち尽くしていました⤵


2017年4月2日(日)班集会&上進式

 平成29年度がスタートしました。今日から上進スカウト7名を迎えて活動が始まります。上進式を14:00からに控えて、班長2名は張り切っています。すでに班長会議で班分けも決まり、班名も決まり受入れ体制はバッチリのようです。

 9:00から合同班集会(この時点では班名も班分けも上進スカウトは知りません)を行い、ボーイ隊の活動内容について班長から説明がありました。また、進歩についてや隊の決まりについても詳しく説明がありました。上進スカウトは一生懸命・・・・?聞いていたようです。

 式の後、昨年度の日本連盟主催の日韓交流プログラムに参加したスカウトからの報告がありました。自作したスライドを使い、一生懸命に説明をしていました。この報告はスカウトから「報告したい」と申し出があり実施されたものなので、終了後は「ヤッター」感があふれ出ていたように感じました。

 14:00からお寺の本堂で上進式を行いました。ここで初めて班長から班名の発表と班のメンバーとして名前を呼ばれ、受け入れられました。

 16:00から、再度、班集会を開き、各班で役務分担と連絡網の作成、班旗作成。そして次回の集会の確認がありました。

 指導者は、今年度1年間の班長の成長を楽しみにしています。


2017年2月19日(日)地区B-P祭

 今日は鹿児島地区B-P祭に参加しました。日置市の伊集院小学校まで電車で移動です。時刻表を調べて集合時間を決めて参加しました。ボーイ部門のプログラムは「班旗立て競争」と「台形橋脚作成」です。どっちもタイム競争なので、あらかじめ班で何度か練習して参加しました。残念ながら目標タイムに到達できず、班旗立て競争は11分48秒。台形橋脚は10分でした。来年は頑張るぞ!!!


2017年2月4日(土)~5日(日)

 今月は耐寒キャンプです。1級スカウトがキャンプ計画を自分で立てて、初めて一人でキャンプします。とはいっても今回は月の輪集会も絡めての計画なので、常に近くに指導者がついていますが。

 1日目は追跡記号を置いてみたいと、月の輪集会のゲームをかって出ました。公園内に追跡記号を置いて課題に手旗の解読と計測を入れました。おかげで月の輪スカウトはボーイ隊の楽しいゲームを体験できました。その日の夜中から結構な強い雨が降り出しました。覚悟はしていたんですが、朝起きて油断していると食堂フライのポール2本がポキンと折れてしまいました。2日目は雨の中の撤営です。何とか撤営が終わって団倉庫に帰って、今度は濡れたテント類を倉庫内で干して、やっとプログラムが終了しました。家庭の「暖」がありがたく思えたキャンプでした。


2017年1月29日(日)白銀の王子

 年間計画では「スキーに行きたい」との希望がありましたが、現スカウトに確認すると「費用がかさんで親から協力がもらえない」とのことで近場で「アイススケート」になりました。近場と言っても南国鹿児島に「アイス」の文字は似合わず、あるのは宮崎県と鹿児島県の県境に冬のみ営業する野外リンクが一か所です。最寄駅から指導者の車でドキドキしながら約1時間かけて山を登っていくと、そこはなんと「☂」でした。つい五日ほど前まで⛄でまだ道端には雪が残っているのによりによって雨とは・・・・・でも、仕方がないのでレインコートを着て滑ることにしたんですが、リンクは池のように水が溜まって初めてのスカウトにとってはとっても悪条件です。2時間ほど滑って少しは上達しましたが、寒さに耐えきれなくあったかいかけうどんを食べて途中の温泉に飛び込んで、やっとε-(´∀`*)ホッとして帰路につきました。白銀の王子にはちょっとなれなかったかな?やれやれ😥


2016年11月20日(日)☁/☔環境に優しく

 今月はサイクリングです。どこに行くのも車で送迎される今のスカウト達。環境を考え、環境に優しい乗り物でそして自分の力で移動することを考え、サイクリングをすることにしました。通学で自転車を利用するスカウトと小さくなって新しく自転車を購入したスカウトが走るのは桜島一周です。自転車でフェリーに乗るには・・・・もう不安でいっぱいです。係員さんに誘導していただいて車と同じデッキに載るのはドキドキ・ワクワク!たった15分の移動ですがすごく新しいことをしているような気がしています。

 「海を見ながら走りたい」と時計周りを選んでスタートです。最初はのんびりと平坦なコースで気持ちよく海を見ながら走っていたスカウト達ですが、昼食後に待っていたのはきついUp/Down。体力の無さを思い知らされます。それでも自転車をこがないと前に進めません。景色どころではなくなりました。が、さすが半周以降はペースをつかみ調子を上げます。何とか一周することが出来、足湯で疲れをいやして帰路のフェリーでは桜島フェリー名物のうどん(食べれる時間が出航から着岸までの15分)を食べて、鹿児島のシンボルの桜島を自転車で一周できたことの満足感でいっぱいのようでした。

2016年10月16日(日)狙えパーフェクト

 今月はボーリングです。近くのボーリング場に行くことになったのですが、ただ行くだけでは面白くないので野帳をつけながら行くことにしました。地形図でボーリング場までのルートを確認してから出発です。ここで指導者は「あれっ」と思ったのですが、とりあえず彼らの考えた通りに行かせることにしました。指導者は別ルートで先にボーリング場で待つことにしました。待つこと20分。無事に到着。

 早速3ゲームをしてスカウトルームに戻りました。(ゲームのスコアは聞かないでください(-_-メ))

 スカウトルームで野帳を基に略地図を作成しました。なんやかや言いながらほぼ完璧な略地図が出来ました。地形図と比べてみて「あれ!?」実は出発地点からまっすぐ行けば20分もしない距離だったんですが、わざわざ遠回りしていろいろな方角を楽しんでいたようです。おかげで野帳と略地図作成はパーフェクトでした。

2016年9月17日(土)~18日(日)エコロジー

 今月は野生動物の観察をすることになりました。「エコロジー」をテーマに「野生動物の観察」をするため霧島山の麓で野営をしました。鹿児島中央駅から鹿児島空港を経由して霧島温泉行きのバスに乗って約2時間。目的地に一番近いバス停に到着。そこから約30分山を登ると目的地です。野営地にはシカの糞がたくさん転がっていて、あちこちにシカの足跡があることに感動!期待を膨らませます。

 今回の野営では、先月のサバイバルキャンプでも使った簡易ろ過機と併せて炊具等の洗浄に重曹を使いました。米のとぎ汁も無駄にはせず、食器の洗浄に使ってみました。

 食事は一緒に参加したベンチャースカウトが炊事章修得に向けて考えてきたメニューの調理の手伝いです。結構おいしかったです。

 夜にシカの観察をしました。夜、暗い山道を歩いていくと、動く小さな明かりがたくさん。懐中電灯の光を向けると山を駆け上がるシカを見て感動!朝起きるとテントの周りに新しいシカの糞が転がっていることに(@_@)近くまでシカが来ていたんだ!

 2日目はあいにくの雨でしたが、自然に囲まれた霧島山の中腹から立ち上がる霧に包まれていく自分たちの住む街を見下ろし、ちょっと自然の雄大さに気づき、自然が愛おしく思えたようです。


2016年8月20日(土)~21日(日)サバイバル

 今月は、「サバイバルキャンプ」です。海で魚を釣って食料にしようと考えているようです。5月の釣りのリベンジも兼ねて、「今度こそは魚を釣り上げて食べるぞ!!」と言うことで、食料として準備したのは米と調味料のみです。

 「何が何でも魚を釣り上げないと」と全員、マイ竿と仕掛けを準備して目指すは南さつま市笠沙町の旧玉林小学校あとの運動場です。ここにテントを張って、近くの光明寺で宗教章の取得を目指すスカウトが「重誓偈」をあげ、浜に向かいました。初釣りという副長も参戦してスタート・・・・したんですが、1時間たっても2時間たっても釣れません。魚がいない!!!水が熱い!!!18時まで粘って結果は・・リリースするほど小さな小魚が1匹でした。国旗降納の時間で仕方なくテントまで帰り、国旗降納を終えて、夕食の支度をしようとした時です。1台の軽トラが運動場に入って来て止まりました。状況を話しているうちに「イノシシあるけど食べんね」と仰ってくださり、おまけに畑の取れたて野菜と魚の干物を頂いて、思いがけない豪華な夕食になりました。いただきますした時には22時になっていましたが、あきらめていた魚に有りつけたのと初めて食べる猪肉は格別の味だったようで、沈んでいたスカウトの顔は満足そうな顔に変わっていました。現地の方のおもてなしに感謝して、「明日こそは釣るぞ」と希望を持ってテントに入りました。

 翌、朝食後に光明寺にお参りして「重誓偈」をあげ、昨日お留守だった住職から「心も体も自分でコントロールすることが出来る人間になることが大事ですよ。」とのお話を頂きました。サイトに戻って撤営をして、昼には釣りに再チャレンジです。今日の場所は大きな魚が堤防から見えています。「さあ、釣るぞ」と初めてはみたんですが、魚が振り向いてくれません。仕掛けも変えてみたんですが、嫌われます。結果は・・・小さな小さなフグが1匹でした。

 自分の食料を調達することはできませんでしたが、人から心配され、施しを受けたときの喜びを知り、今度はスカウトとして人を思い、役に立つことが出来る人間に成長しないといけないと身をもって感じた活動でした。

 最後になりましたが、快く野営地を提供くだり、周辺各所に連絡をしてくださったり事前に草祓いをしてくださった笠沙町役場、食べ物の心配をしてくださった町の方々、お経をあげさせてくださったお寺に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

2016年7月17日(日)~18日(月・祝) 準備が大事

 今月は、久しぶりの団キャンプです。野営場で団関係者が揃って活動しました。

 初日、ボーイ隊は近くの最寄駅から野営場までハイキングを行いました。約20㎞の道のりです。事前の班集会で地形図の読み方、距離の測り方、ポイント探し、歩行計画、方位角等を訓練しての実施です。班長も初めての距離でしかも前日までの大雨から打って変わって夏の炎天下。指導者もちょこっと心配しましたが、そこはさすがボーイ隊でした。予定通りの時間で最後まで歩ききってくれました。野営場では、心配していた指導者、保護者が拍手で迎えてくださいました。スカウトはちょこっと「どや顔!!」。途中、設営中に熱中症の症状を見せたスカウトもいましたが、看護師(保護者)さんの適切な処置のおかげで早々に復帰。夕食は団に甘えてカレーをごちそうになりました。事前訓練がばっちりできた班長に拍手!!

 2日目は「カブ隊が作った竹のいかだを川で浮かべるお手伝い」という川遊びです。2日前までの大雨で増水が心配されましたが、何とか流れも落ち着き浮かべることが出来ました。カブ隊も自分たちで作った(実はベンチャースカウトが修正していました。)いかだが浮いたことに感動!でした。

 団の各部門が一つになってキャンプができることは、これからの鹿児島第2団の発展にますます希望が持てたキャンプでした。


2016年6月5日(日) 以心伝心

  今月は、信号を使って伝えようということで、追跡記号と手旗信号を使うことにしました。スカウトは海沿いの広場を活動場所に選んで希望していたんですが、隊長がプログラム展開にアイデアが浮かばなく、しぶしぶ山手の公園に場所を変更して実施しました。

 班長会議で急きょ日程を変更したので班集会の時間が取れなく、みんなが知っているであろう技能を使ってのミニハイキングです。・・班長曰く「大丈夫!!」

 当日は小☂です。雨の中をスタートした・・はずでしたが、スタートの指令文が見つからない。やっと探した指令文には進むべき方位角が示されていました。副長のアドバイスが入ってやっとスタートした時には30分経過です。スタート後は、副長の優しい追跡サインでどんどん進んでいきました。15分ほど歩いたところに「ここより三歩のところに通信文有り」のサインがあって見つけたんですが、部分的にしか判断できず矢印の方向にどんどん進んでしまいました。「あれ?通信文の指示無しに来てしまった!」と待機していた副長は優しく戻してくれました。通信文を見つけて指示された方角を見ると赤と白の旗が振られています。一生懸命読もうと、10回ほど発信をお願いしたんですが読み切れずにタイムアウト!隊長から「原画を覚えていたら数字をメモしてメモを見て文字に直せば何回も打ってもらわなくても読めるんじゃないのかな?」と言われて班長は「アァ~ぁ」。次に進んで右か左か・・サインはどこに??次長が何か怪しいものを見つけたんですが、自信がなかったのか班長に報告せず。班長は感で右に進んでいきました。5分後、サインが全くないことに疑問を持ったのか戻って来て、待っていた隊長に「サインが無いんです。」隊長は「さっき次長がず~っと不思議そうな顔で見てたよ」と指さしたところには草がまとめてくくってありました。慌ててハンドブックを広げて確認します。サインの方向に進んで川沿いに歩いていたかと思っていたら、10分後にまた戻って来て「サインが無いんです。」実は確認したと思っていたサインを見落としていたんです。後からついて通過後のサインを解体していた隊長は「サインはあったけどもしかして見落としてた?解体してしまった!」としかたなくカメラ画像でサインを見せました。なんと、「これ見てたけど石を飾ってるのかと思った」そうです。あとは川沿いにゴールまでまっしぐら!役1㎞の行程を2時間かけて楽しいハイキングでした。

 覚えて知っているはずの追跡記号と手機信号でしたが、実際に使ってみると「知っている」と「使える」はかけ離れていることが分かったようです。班長は「みんな前にしたから知っているはず」も出来ないに等しいことが分かったかな?

 


 

2016年5月21日(土) 食べられる魚を釣りたい!

 釣りが趣味の班長は、釣りがしたいということで班集会を開き、班員に釣りの仕掛けについて教えました。そして今日、「カサゴ」狙いのサビキ釣りです。班長は自前のワームを使って釣るそうです。釣り場は桜島桟橋の近くの漁船が多く停泊しているところの堤防を選びました。

 今日は大潮です。でも満潮が6:33で実はスタートしたのは干潮に向かっている時間です。集合が遅れたため、仕掛けを準備して、釣りのルールとマナーについて確認して糸を垂らしたのは10:30ごろでした。班長はワームをいろいろ変えてみます。他のスカウトは初心者なので糸を垂らすポイントが全くつかめません。班長のアドバイスで根がかりだけは少なくて済んでいますが・・・・

 糸を垂らして約1時間ほどすると、なんとなく糸の垂らし方がわかってようで、釣れました!雑魚が!でも初めてつった感触に歓声を上げます。そして・・・針から魚をはずせません。そうです。魚がつかめないんです。それを見た班長は針を持って2~3回振ると「ポロ!」とバケツの中に落ちました。その後も雑魚が何匹か釣れましたが、本命の「カサゴ」はと言うと・・・別のスカウトがやっと釣りあげました。感想は、「根がかりしたかと思って引っ張ってみるとグィっと引っ張られた。」そうです。その後、ワームで頑張っている班長の前にそこそこ大きな魚の群れが通り過ぎました。すかさずワームを取り換えて投げ入れますが、あと一歩で逃げられます。何度か挑戦してあと一歩まで来ますが、そのうちに仕掛けがばれてしまいました。

 時間を予定より30分延長して頑張りましたが、あたりは止まってしまいました。

 とりあえず狙いの「カサゴ」は釣れましたが、またチャレンジしたいと申し出があり、次回を期待することにして、本日の隊集会は終了しました。


2016年4月24日(日)☂ 鹿児島市文化工芸村春まつり

朝から雨です。スカウトの気分は⤵。それでも立てなければいけない信号塔!スロースタートです。ベンチャー隊が1台、ボーイ隊が1台立ててはしごで繋いでジャングルジムのようにしよう!という計画でスタートしました。班長は、2人の班員にどの部分を作るかを指示、それを組み立てて約1時間で完成する計画です。しかし、雨が彼らの手を阻みます。思うように紐が締まりません。滑りません。結びの技能も曖昧です。班長は慌てて指導に回ります。9時から初めてなんと出来上がりが13時です。おなかすいた~!と立ててみたんですが、

”床が無い!!!”

いろいろごまかして”出来上がり”

登ってみて”うん、いい感じ!!”

ベンチャーも出来上がりの時間はほぼ一緒で、でもおなかがすいてはしごはつけませんでした。

出来上がりをベンチャー隊と比べて評価したスカウトの顔は?

自分たちで完成させたちっちゃな自信であふれていたように感じます。


27年4月29日 春のセーリング訓練

とってもいい風に、恵まれました。全員協力して、セールをあげて舵をもち、風の力だけで進むヨットを体感しました。インストラクターの田原さん、ありがとうございました。

27年4月19日 文化工芸村春祭りにて、野外料理

 雨が降りませんように、願いながら三脚立ちカマドと大鍋でメニューはオニオンコンソメソープのウインナーパスタ入り約30人分つくりました。みんな楽しく設営、調理、徹営することができました。

仏教章習得のための研修会

 平成27年3月28日より31日まで、京都の西本願寺本山にて行われました。仏教章習得者1名と受講者3名と京都にいってまいりました。開会式で仏教章の授与式も行われました。きびしい研修会ですが、みんな最後までがんばりました。

2月1日僕はコンパスの達人だ

 ボーイ隊では、シルバーコンパスを使って、自分の進行方向の磁針方位を読んだり、探したりします。

 目標物にコンパスを向け度数リングを回して、矢印の頭を磁針の北端に重ねると目標物への角度がわかります。

 

    

 

 

 コンパスと地図をもって、ミニハイク。

 進行方向の磁針方位を読みながら、歩測で距離を求めます。

 

27年1月11日今年初めての集会

ボーイ隊では、野外で料理するのに立ちカマドを作ります。この日は、みんなで協力して立派に作りました。

そのあと、薪割り火おこし、飯ごうでご飯を炊いて鍋で調理しました。

 その後は、一級章獲得のための一泊キャンプ。

とっても寒かったけど、夕食も朝食も美味しくいただきました。